NewsACT

あなたの暮らしのためになる(?)漫画原作者・猪原賽が発信する中央線ライフブログ

  • 22:00

ペンギン好きなら通いたい!?「すみだ水族館」圧巻のペンギン水槽

画像8
この距離でペンギンさんにこんにちは!

ここは先日イベントで訪れた「すみだ水族館」。
ここの目玉はこのペンギン水槽。
陸に海に生活するペンギン達を両方から観察することが出来ます。
画像2
場所は東京スカイツリーのお膝元、ソラマチのビルの中(5F、6F)にあります。
入り口はソラマチの中ではなく、ビルの外側にあります。

画像1
これが入り口ですが、ちょっとここに入る前に右のほうへ行ってみましょう。

画像4
ビル屋上部分を使った土と緑の庭園があります。
「ソラマチファーム」と名付けられた畑があり、

画像5
ここではソラマチ内にある、サツマイモをメインに扱った持ち帰りスイーツのお店「らぽっぽ」のサツマイモ畑がありました。

24
白ハト食品工業公式サイトより)

ここで育てているサツマイモは「スカイツリー金時」。
「おいも株」オーナー制度で実際にサツマイモ畑として運用され、秋には株主自らサツマイモを収穫する収穫祭が行われるようです。

話が逸れました。では水族館の中に入りましょう。

画像1
これがすみだ水族館のメイン水槽のひとつ「ペンギン水槽」。

画像2
広く、深く、そして横から上から広角的にペンギンの観察の出来る、ペンギン好きにはたまらない水槽になってます。

画像6
と、5Fと6Fを繋ぐゆるいスロープがそのまま、ペンギン水槽をぐるりと取り囲み、上から観察、

画像7
下から観察することが出来ます。

画像8
いやあ、この距離感。かわいいです。

画像9
水の中を泳ぐ姿も見れますし、ペンギンの丸いおなかもかわいいですね。
つつきたい。撫でたい。
(※水槽ガラスを触ったり叩いたりしてはいけません。)

画像10
また、こちらはもうひとつのメイン水槽。
世界自然遺産にもなっている小笠原諸島の海を再現した「東京大水槽」。
この深さ、青さ、そして群泳する魚の姿。壮観です。

しかしこのメイン水槽2つに興味がなければ、逆に他の水槽はそんなに大きくありません。
正直な話、大人2,000円の入場料金はやや高めかと思います。

画像11
ですが、海に陸に自由に過ごすペンギンの生活を見られるのは、ステキ。
ペンギン好きならたまらんものがあると思います。
これは1回行って「たけえな」と思うより、4,000円の年間パスポートを買っちゃって、好きな時に癒やされたい時、ちょこっとだけでも何度も通う、という手段のほうが良さそうですよ。


すみだ水族館
http://www.sumida-aquarium.com/


【猪原 賽】