NewsACT

あなたの暮らしのためになる(?)漫画原作者・猪原賽が発信する中央線ライフブログ

  • 12:00

パスタカレー180円から!「カレーは高橋」のカレーは、食べたら帰宅しても記憶に残る!テーマソングも必聴だ!

画像1
日本人の大好きなカレーは、洋食、和風、インド風……と細かく分類されますが、
「B級」というジャンルにもカレーメニューは多いですよね。

まさにB級と言っていいカレーを、東京駅近くで発見しました。

カレーは高橋」。
カレーは飲み物的なネーミングですね。
食券制、セルフサービス方式でいただく、「カレーは高橋」のカレー。
トレーを持って出来上がりを待っていると……

画像2
おや、ヨシダソース。

ヨシダ グルメのたれ オリジナル 645g
グルメのたれでひと財産築いたアメリカンドリームの申し子、吉田社長のヨシダソースが各種、その場で売ってました。
どうやら「カレーの高橋」のカレーは、このグルメのたれを隠し味に使っているようで。
全然隠す様子はありませんが

画像3
頼んだカレーは、オモテの看板にも「名物」とあったスタミナカレーです。

え、なんかオモテの写真と違う?

そうです、「カレーは高橋」のもうひとつの売りは、

画像1
主食にパスタも選べること。

カレーにパスタ、カレーにパスタとライス合盛り、カレーにパスタと玄米合盛り、
そんなB級な組み合わせでカレーが食べられるんですよ。

画像4
そんなわけで、今回パスタと玄米ダブル盛りを頼んでみたわけです。

ここだけ切り取ると、いったい何のメニューかわかりませんね(笑)。

「カレーは高橋」のスタミナカレーの正体は、
通常のルゥに、豚しょうが焼きと生玉子(卵黄)をトッピングしたもの
たしかにスタミナつきそうだ。

画像5
ルゥは具材がすっかり溶けている状態です。辛味は中辛程度ですね。

画像6画像7
卵黄をルゥにとかし、パスタに絡めて……
いただきます!

インデアンカレーをいただいてから最近、カレーに生玉子、意外にいいと気づいたわたしは、この感じ、嫌いじゃないです。

生姜焼きも、単品で生姜焼きライスが出せるんじゃないかなというくらいしっかりした味。

でもぜんぶいっぺんに合わせてみると……
やっぱB級グルメだ。

いや、B級グルメの雰囲気が、完全に店を支配しているんですよ。
というのもですね。


この「カレーは高橋」テーマソングが店内で無限リピート
脳内刷込み

家に帰ってからも、ふと気づくと脳内再生される始末……

画像10
3番の末尾「ルールルルルー」がいい感じにエコー入ってて、
カレーだけに、ルゥですか。と。
ツッコんだら負けだとわかってるのに、ついツッコんじゃう。

「カレーはたかーはしー♪」と曲を聞きながら、

画像8
しつこいくらいにロゴが入った食器でいただく「カレーは高橋」のカレー。

イヤでもその名前、覚えてしまいますね。

そんな完全に記憶に残るB級グルメカレーを目指す「カレーは高橋」。
スタミナを始めとしたトッピングを付けない、デフォルトのカレーであれば、
小盛サイズ(パスタ)が180円からと、小腹を満たすデフレメシとしても超「B級」級。

今回うかがった東京・八重洲さくら通り店と、高田馬場店の2店舗で展開してますので、気になった方はぜひ、行ってみてはいかがでしょうか。

公式サイトのメニューページは現在準備中だったので、写真に撮ったメニュー表を、記事末尾に貼っておきますね。


カレーは高橋
東京都中央区八重洲1-6-4
http://www.curry-takahashi.jp/

※注意※
公式サイトを開くと問答無用でテーマソングが流れます


【メニュー】
画像12画像13
画像14画像11