NewsACT

あなたの暮らしのためになる(?)漫画原作者・猪原賽が発信する中央線ライフブログ

  • 23:00

『まんが道』完結も「松葉」は健在!ラーメン大好き小池さんの大好きなラーメン食べてきた

画像1
先日、藤子不二雄A先生の連載『愛…しりそめし頃に…―満賀道雄の青春』が最終回を迎え、『まんが道』シリーズは43年もの歴史に幕を下ろしました。

手塚治虫、藤子不二雄(A、F)、赤塚不二夫、石ノ森章太郎……、数多くのマンガ黎明期の漫画家達が青春を過ごした「トキワ荘」が舞台の、漫画家マンガの名作。

このトキワ荘は取り壊されてしまい、現在はモニュメントが残るのみなのですが、『まんが道』に登場するラーメン屋が、現在も営業しています。

それがここ「松葉」なのですが、

画像4
画像3画像2
店舗入口前には、『まんが道』に登場する「松葉」のページが貼られています。

小池さん!大集合
ラーメン大好き小池さんの食べているラーメンが、この松葉のラーメンでもあるわけですが。

当時の漫画家達が「ウマイウマイ」と大絶賛した松葉のラーメン。
食べてみましょう。

画像5
おあつらえむきに「トキワ荘ラーメンライス」なんてメニューがあります。
ええ、これをいただきますよ。

注文し、待っている間、周囲を眺めていたんですが……

画像7
トキワ荘メンバーのサイン寄せ書きを中心に、

画像6
さすが約半世紀もの連載『まんが道』の舞台だけあり、「マンガの聖地」として、プロの漫画家さんも今でも訪れているようで、有名マンガ家のサインがいっぱい貼ってあります。

ゆでたまご(『キン肉マン』)、平松伸二(『ブラック・エンジェルズ』)……ジャンプ黄金時代の漫画家さんのサインもあれば、
『おじゃる丸』アニメ監督・大地丙太郎のサイン、
おそらくTV番組の取材で来たであろうタレントさんのサインまであります。

それらをホ~、へ~と眺めていたら、

画像9
来ました! これが「トキワ荘ラーメンライス」です!(680円)

画像10
いい感じに普通の東京醤油ラーメンですね。
ナルトは入っていませんが、ゆで玉子が半分のっています。

画像13画像12
チャーシューは厚めで、しっかり味が染み込んでいています。
肉にくしい噛みごたえがありつつも、やわらかく仕上がっていて、食感も良し。

画像14
麺はストレートの中太麺。量は多めで、ボリュームがあります。
味もいわゆる「普通」という見た目の印象から考えると、小麦の香りが感じられて、予想よりウマイです。

そう、『まんが道』に見られる、満賀道雄らが松葉のラーメンを「ウマイ!」という姿。
今でこそ国民食となり、醤油、味噌、豚骨でくくれないニューウェーブラーメンが幅を利かす現在、
いわゆる「普通」の東京醤油ラーメンなんて、そんな絶賛されるのは昔だからだろ……なんて冷めた目で見てしまっていたのも、正直な話。

ですが、松葉のラーメン、本当にウマイ

画像11
スープもいわゆる鶏ガラベースだと思うんですが、胡椒をかけなくてもいいくらいデフォルトで充分にスパイシーで、旨味はシンプルなのに、浮いた脂も少なめで、すいすいと飲んでしまう。
醤油味自体はやや濃い目。

このスープが……ライスに合うわけですよ!!


麺をすすって、メシを食う。
スープを飲んで、メシを食う。
いや、ラーメンもボリュームあったしライスも多めだったんですけど、夢中で食ってしまいましたね!

トキワ荘ラーメンライス、まさに黄金の組み合わせ!
トキワ荘メンバーが「安くてウマイ!」と揃って絶賛するのも納得です。

このウマさ、ボリュームで680円とは、「トキワ荘ラーメンライス」超お得!

ちなみにラーメン単品なら480円。
ほんとに安い。

ライスは200円。

ラーメン単品480円+ライス200円。

画像1
…………あれ?


そうそう、

画像8
トキワ荘メンバーが酒盛りする時飲んでいた、
焼酎+サイダー、「チューダー」もあります。


松葉
東京都豊島区南長崎3丁目4-11



大きな地図で見る

愛…しりそめし頃に… 12 (ビッグコミックススペシャル)愛…しりそめし頃に… 12 (ビッグコミックススペシャル)
藤子 不二雄A

小学館

Amazonで詳しく見る by AZlink