NewsACT

なたのらしのめになる(?)「世界の中野」からマンガ原作者・猪原賽が発信する中央線ライフブログ

  • 12:00

激レア牛かつに長蛇の列!新橋「おか田」に並んで牛ロースかつセット食べてみた

画像4
新橋で一番の行列店、と言っても過言ではないのじゃないでしょうか。
新橋駅前、ニューしんばしビル地下の「牛かつ おか田」。

その看板のとおり、トンカツならぬ「牛カツ」が食べられる、新橋ランチの超人気店です。

牛肉ですから、生でもイケます。
ということで、30秒揚げただけの、ほぼレアな牛肉のカツが名物。
さて、その味は……
画像1
筆者は新橋を訪れると必ずここ「おか田」をチェックするのですが、その行列に諦めたり、既に品切れ閉店だったり、なかなか味わえなかったんですよね。

ちょっと新橋に出向く用事があり、それが午前中だったので、これは今日こそ食えるかな!
と、お店の前に到着したのは開店10分前。

既に行列が出来ていましたが、5番目に並ぶことが出来ました!
トップの方は一体何時に来てるんでしょうか。

画像2
メニューはこのとおり。
ひとつだけ色の塗られた
(3)牛ロースランチかつセット 1,200円
が、一番人気。
こちらをいただきましょう。

上にも書いたとおり、揚げ時間はたった30秒ですから、席について注文してから、卓上に届くまでは意外に早いです。

画像5
これが「牛ロースランチかつ」。

たった30秒しか揚げていないとは思えない、こんがりキツネ色。
ですが、

画像6
断面を見れば、このとおり!
完全にレア!

これを……

画像3
醤油 or 特製ソースでいただくわけですが。

画像7
ワサビを付け、醤油でいただくと、
サクッとした衣と油のパンチ力と、マグロの赤身にも似たクセの無いモチモチした肉の味わいを同時に楽しめる、不思議な魅力。

特製ソースで食べると、
確かにこれはカツであるという自己主張が強くなります。

しょうゆ or ソースでまるで別物の味わい方の出来る、贅沢なB級グルメだと思います。

個人的にはワサビ+しょうゆのほうが好みです。
ですが、こうなると「おろしカツ」や、マヨネーズトッピングされた「牛ロースソースかつ丼」が気になろうもの……ゴクリ。


席はカウンター6席に、4人掛けテーブル席2つ。
テーブル席は相席上等。
揚げ時間が短いので客の回転は意外に早く、
また、バイトのお姉さんの、マニュアル化されてるんじゃねえかと思える営業の「常套句」(メニューの説明や注文の仕方)や客のさばき方が機械的になっている様子が面白いです。
客が席につく度に、一言一句違わぬセリフを言うものだから、食べてる間に覚えそうになりました。

この営業スタイルは人によっては好みが分かれるかな……(笑)

でもそうならざるを得ないほどに客がひっきりなし、回転早くてもお昼の時間になるとどんどん伸びる行列。
どうしてもそんな並ばず快適に食べたいのであれば、開店前に行くのが良いと思います。


新ばし 牛かつ おか田
新橋駅西口ニューしんばしビル地下1階
11:30~品切れまで(現在はランチ営業のみ)
店休:土日祝


国産牛 ( F1 ) 肩ロース 1kg国産牛 ( F1 ) 肩ロース 1kg


日本バイヤー有限会社
売り上げランキング : 39773

Amazonで詳しく見る by AZlink