NewsACT

なたのらしのめになる(?)「世界の中野」からマンガ原作者・猪原賽が発信する中央線ライフブログ

  • 22:00

戯れる猫を眺めながら、そして猫と戯れながら酒を飲める猫居酒屋「赤茄子」に行ってみた

画像12
にゃんこと戯れたり、戯れるにゃんこを眺めながら、お酒をいただけるステキな居酒屋があります。

江古田「赤茄子」。

ここは猫カフェでもなく、看板猫が一匹いる居酒屋でもなく、まさしく猫居酒屋
あっちを見ても猫、こっちを見ても猫、視界に猫が入らないことのない場所。
画像1
この手作り感溢れる入り口、看板。

実はここ、先日惜しまれつつも閉店した、江古田で一番古い喫茶店(だった)「トキ」の階段と二階部分を改装して賃貸している物件。

(参考→一部のドカ盛りマニア、ナポリタンマニアのむせび泣きが聞こえる……学生街・江古田の老舗喫茶店「トキ」閉店

ですので、「トキ」が閉店した今となっては、「トキ」の内装をそのまま利用した店内である「赤茄子」は、そういったノスタルジーに浸れる場所でもあります。

画像3
席についてみたら、さっそく猫が視線の先に隠れていました。

画像2
お酒を頼み、料理をオーダーし、出てきたものは……

これ、お通しじゃなくて、猫のエサです。
店内にいる猫ちゃん達に、どうぞご自由に、というもの。

画像6
自分のゴハンや酒はそっちのけで、さっそく席から立って、いただいたエサをエサ(笑)に目の前の猫さんに特攻です!

てゆーかその背後にもいたし!

画像7
ダルそうに座っていたこの子、エサを渡すと「ファッ!」と起きます。
が、エサを食べるだけ食べて、わりとクールにまたうずくまって寝てしまう。

画像19
エサに手を伸ばしつつ、やっぱり寝てしまったり。

ああ、そうですね、まだ営業を開始して間もない、夜もこれからという時間帯。
夜行性の猫はみなさん眠そうです。

画像8
寝てます。

画像10
エサをちらつかせても、「うにゃあ……」

画像11
お客さんがいるのに、フロアで寝転がってしまってる子もいます。
この子にもエサをあげてみましょう。

画像12
「んーーー…………」

画像13
「なに? エサ?」
と身を起こす猫さん。

画像14
連結された巨大ケージの中で、客に背を向けて寝る猫さんと、水を飲む猫さん。

画像23
仲良く並んで寝る猫さん。

すいません、これはぬいぐるみでした。

まだまだ本調子ではなさそうな猫さん達に、無理やり構ってもらうのも何なので、普通にお酒を飲んで、しばらく観察していましょうかね。

画像4
蒸し鶏のサラダ。

画像22
ソーセージの盛り合わせ。

画像1
3種のチーズピザ。

画像10
さつま揚げ。

うん、居酒屋だ。
普通の居酒屋だ。
ふつうにうまい。

でも、すごい不思議。
猫いっぱい飼ってるお宅におじゃまして、勝手に一人で酒飲んでる感じ。
そう、わたくし一人で来ました。一人居酒屋です。
(もちろん私以外にもカップルやファミリー、男同士の2人組等もお客さんはいらっしゃいましたよ。)

一人居酒屋はハードル高いと思ってる方もいらっしゃると思いますが、ここなら安心です。
だって猫がいっぱいいるから。

画像16
いつの間にか寝る場所変えた猫さんが、妙にくっついてかわいくかたまっています。
酒のんで、つまみをつまんで、ふと店内を見渡すと、そこにいたはずの猫がいなかったり、いなかったはずの場所にいたり、
それに気付いてわたくしは、サッと席を立ち、左手に携帯のカメラを構えつつ、右手には気を引くためのエサを握りつつ立ち歩き。

こんなに客がいちいち席を立ってたら、普通の居酒屋じゃ怒られるところですよ。
でもここなら大丈夫ですよ!

この感じがなんか、人んちで勝手に酒飲んでるオッサン感がするんですな。

画像15
なんかこっち見てる。
一人で猫見ながらニヤニヤ酒飲んでるオッサンを不思議そうに。

画像17
この子は毛をケージに食い込ませるほどオッサンに背中向けてる。

画像18
実はケージの奥でも寝てる子がいた。

画像21
あ、こっち振り向いた。

画像2
客の椅子で寝てた子が起きた。

さすがにそろそろ活動時間になって来たんでしょうか。

画像3
店内をウロウロしはじめる猫さん達!
隣の椅子に来てくれました!

画像4
床にも一匹います!

画像5
寝転がっていても、だんだん目がパッチリして来ています!

画像6
「これから水のむよー」

画像7
ぺろぺろぺろぺろ。
うっはー! 小さい舌がちろちろしてるーーーー!!
かーわーいーいーーーー!!!

画像8
もう完全に皆さん目が覚めて来たようです。

画像20
メニューにも猫さん達の写真が名前付きで紹介されてるんですが、

画像9
どの子が誰、と把握するヒマもなく、店内を動きまわりだします。

他のお客さんも彼ら彼女らの動きに、シャッターチャンスを窺ってそわそわし始めます(笑)。

画像11
仕切りの上に立って何かを見る。
その視線の先には、

画像12
なんでそんなとこにいる?

実はこの角、左側は階段で、降りると店の入り口ドアがあります。
ドアの内側に柵があり二重扉になっているので、そうカンタンに逃げ出せることもないのですが、一応……とばかりに、ここにいると店員さんが、店内に戻します。

画像13
彼らを眺めていた猫さんと、同じ仕切りの上に。

画像14
周囲をキョロキョロ。

画像15
そしてなぜか等間隔に並ぶ(笑)。

画像16
と思ったらタッと降りて、影にかくれる。

画像17
居座る。

いやあ、寝ている猫もかわいいですが、自由に過ごしてうろちょろしている猫見るのが楽しいですよ。
お酒を飲みながらニヤニヤが止まらない。
あとなぜか、きちんと、彼らは客のテーブルには登りませんでしたね。

そしてやっぱり、いったい何匹いるのか把握できませんでした。

実はこちらのお店、

画像18
猫専門誌、「ねこころ 2013年 5月号」でも紹介されてました。

偶然ですが、NewsACTでも

画像12
看板娘は超美猫!乙女ロードのカフェ「さばとら」で仔猫(ちょこちゃん)と戯れてみた!

の記事で紹介した、「さばとら」のちょこちゃんと同じ号に掲載されてるんですよ。

猫好きが注目する、かわいい猫さんのいるお店として猫好きマニアの間では「さばとら」同様、話題になっているようです。

画像5
なので、メニューにはこんな注意書きが。

基本的に居酒屋ですので、猫カフェのようにお茶だけで済ましたい方は、別途テーブルチャージを。
(お酒を飲んでおつまみをいただくのであればチャージは無し。)

猫さん達は営業猫ではなく、店主のペットなので冷やかし半分の
・猫にやさしく出来ない方
・泥酔している方
・他の客に迷惑になる方

の入店はお断り。

ここ「赤茄子」は猫さん達が戯れるのを見ながら、また猫と戯れつつ、おいしいお酒と料理をいただく、猫居酒屋。

ルールや場の空気をわきまえつつ、楽しく猫さん達と過ごしましょうね。

別に、猫好きのオッサンが一人で行って猫を眺めてニヤニヤ酒飲んでても良いことは、わたくしが身をもって証明していますから、一人でも安心してどうぞ!


赤茄子
練馬区旭丘1‐77‐2(2F)
営業18時~3時/月曜定休


ねこころ 2013年 5月号ねこころ 2013年 5月号


ケーズ・パブリッシング

Amazonで詳しく見る by AZlink