NewsACT

あなたの暮らしのためになる(?)漫画原作者・猪原賽が発信する中央線ライフブログ

  • 12:00

「江戸東京たてもの園」に初の完全洋館デ・ラランデ邸オープン!建もの探訪・西エリア編

当ブログはアフィリエイト広告を利用しています

画像13

東京都小金井市「小金井公園」内に、「江戸東京たてもの園」という屋外博物館があるのをご存知でしょうか。
歴史文化財として価値のある江戸時代から昭和初期までの建物・民家を移築・復元し、
自由に中に入って見学出来る博物館です。

こちらの建物の数々の中に、4月、新しい建物が仲間入りしました。
洋風建物ではない、これまで無かった完全洋館「デ・ラランデ邸」。

公開から1月以上遅れましたが、見て来たので写真をアップしますね。
画像8

まずは「江戸東京たてもの園」エントランスから。
実はこのエントランス(ビジターセンター)自体も、貴重な文化遺産的建物のひとつ、

「旧光華殿」(昭和15年に皇居前広場で行われた紀元2600年記念式典のために仮設された式殿)

そのもの。荘厳です。

ここから、貴重な建物が林立する園内に入って行きます。
園内の建物は、ごく一部を除いてほとんど全てに中に入り見学出来ます。

画像9

ですので、このように靴袋が用意されています。
建物に入る際は靴を脱いで、中に入ることが出来るというわけです。

「デ・ラランデ邸」目指して「西ゾーン」に向かいましょう。

画像10

西ゾーンには、江戸時代から昭和初期の民家が移築されています。

それぞれの紹介は後回しにして、デ・ラランデ邸に向かいます。

画像1

こちらがデ・ラランデ邸(建築年:1910年/明治43年頃)。

画像2

美しいアーチのエントランス。

画像4画像6

まだ調度品が用意されていない、やや殺風景な様子ですが、見事に移築、再現されています。

画像7

バリアフリーに対応すべく、増築もされています。
壁の一部を取り払い、エレベーターやトイレ部が増築されているんです。

改築ではなく、必要最小限の建物そのものの改変にする為、取り外したのは廊下の奥の壁一枚。

しかしそのおかげでじっくり見られるのが、

画像8

この2階の外壁です。
この写真はエレベーターホールのガラス窓から、デ・ラランデ邸2階部分を見たもの。
この茶色い外壁が、

画像9

エレベーターホール内の壁としても利用されており、間近に触れることが出来るんですよ。

画像10

裏に周ると、増築された部分がよくわかります。

画像14

なお、邸内1階の一部と庭を望むテラスは、カフェ「武蔵野茶房」が営業
明治期の完全洋館建築の中で、喫茶・軽食を楽しむことが出来ます。

当時の風情を感じながら、お茶をゆっくりいただくのもオツですよ。


さて、江戸東京たてもの園は、

画像11

建築から200年以上経った江戸時代の民家から、

画像12

開発初期の田園調布の昭和モダン的建物が建ち並び、

画像16

当時の雰囲気を忍ばせる調度品に溢れており、ものによっては実際座ったり触れたり出来ます。

画像14

古民家などは、茅葺屋根のケアの為に、実際にかまどに火を入れていたりもして、とてもリアルな歴史建物を感じることが出来ます。

あまりに楽しすぎて膨大に写真を撮ってしまったので、とりあえず今回は「西ゾーン」の紹介として、記事末に写真を並べておきますので、興味のある方はクリックして拡大してご覧になってみてください。

後日、センターゾーンや東ゾーンの紹介もいたします。


江戸東京たてもの園
東京都小金井市桜町3-7-1
http://tatemonoen.jp/



大きな地図で見る

温もりの古民家カフェ―懐かしくも新しいくつろぎの空間 (Grafis Mook)温もりの古民家カフェ―懐かしくも新しいくつろぎの空間 (Grafis Mook)


グラフィス
売り上げランキング : 174686

Amazonで詳しく見る by AZlink


【田園調布の家(大川邸)】
画像12
画像13画像18
画像19画像20
画像15
画像17

【前川國男邸】
画像3
画像5画像7
画像8

【小出邸】
画像10画像15
画像12
画像16画像21
画像17
画像23画像22

【デ・ラランデ邸】
画像5

【八王子千人同心組頭の家】
画像11
画像15
画像16
画像18
画像17

【綱島家(農家)】

画像20
画像22
画像23
画像1画像3

【吉野家(農家)】
画像10
画像5
画像7
画像9

【奄美の高倉】
画像12

【常盤台写真場】
画像16
画像17画像19
画像21

【三井八郎右衛門邸】
画像15
画像6
画像7画像8
画像12
画像14

【ボンネットバス】
画像18
画像16画像19