NewsACT

あなたの暮らしのためになる(?)漫画原作者・猪原賽が発信する中央線ライフブログ

  • 19:00

まさかのモック無し!サンプルはフリスク!WILLCOMの新機種「ストラップフォン2」手に入れてみた!

画像1

3月21日に販売開始したWILLCOMの新機種「ストラップフォン2」WX06A。
世界最小・最軽量。そのサイズ、フリスクと同じ! というこの機種。
Twitterはじめネットでは、5月発売予定の「イエデンワ2」WX05Aと共に、WILLCOMならではの独自色! と話題になったが、21日販売開始にウィルコムショップへ駆け込んだ筆者は驚いた。

店頭に実機どころか、モックも無い。「フリスク」がそこに置いてあるだけだった。
画像1

いや、もともとフリスクサイズということで、予約開始時からそこにはフリスクが置いてあった。
発売開始と共に、モックと置き換えるのだと思っていた。
ところが当日もそこにはフリスクが置いてあった。
おそるおそる店員さんに聞いてみる。

――あの、ストラップフォンは……

店員「ああ、今回モックアップが用意されていないんですよ」

――え。

ということは、買う、と決めねば実際のストラップフォン2を見られないのか……。

――買います。(即答)

画像2

そしてこれが、ストラップフォン2の現物である。

画像3

フリスクと並べると、サイズは完全に同じだ。

画像5

厚さも同じ。

画像6

左側面には赤外線ポート。

画像7

右側面には、誤動作を防ぐロックキースイッチ。

画像8

底面にはMicroUSB端子と、ストラップ穴。

と、すべての写真でフリスクと並べてみたが、本当にサイズはいっしょだ。
世界最小。この言葉は伊達ではない。

画像2画像1

また、電波受信感度を向上させる為の、可動式アンテナも装備。

ただし、もちろん極限まで小さくすることで失う機能性がある。

画像9

液晶画面と、キーそのもののサイズが、かなり小さい。
キータッチは爪で押す感覚。これは慣れれば問題なさそうだが、
画面の小ささだけは使い続ける限りずっとストレスフルだと思われる。

画像10

中央のメニューボタンを押すと表示されるメニュー画面。
6分割のアイコンは、それぞれ、

 通話・メール・赤外線通信
 アラーム・マナーモード・設定

を表している。
アイコンであれば意外にスッキリしている印象だが、

画像11

例えば メール を選択するとこうだ。
十字キーで操作する部分は、たったの三行。

数秒放置しただけで、四方のファンクションキーで操作する「操作ガイド」
(この写真では「戻る」「選択」と見えている部分)
が現われ、やや文字が被ってどうにも窮屈な印象だ。

画像16

Eメール画面もこのように

 To(宛先)
 Sub(件名)
 Txt(文面)


とたったの三行。しかも一行の文字数も全角で8字程度。
長文のメールの確認はかなり骨が折れそうだ。


しかしそんな操作感、世界最小! 携帯である以上、手に入れる者は覚悟の上だと思う。
いいのだ、これでいいのだ。
悦に浸る筆者に、店員はささやく。

店員「ストラップフォン2を、まさに『ストラップ』として使う為に、こんなものがありまして……」

――はい?

画像4

店員「ストラップフォン2専用ケースです」

――はっはっは。おっしゃるとおりだ。買います。(即答)

こちらの専用ケース、1,979円。
安くない。いや、むしろ高い
実にいい商売をなさる、WILLCOMさん。

店員「実は前の機種であるストラップフォンは、あまりに小さくて『失くした』という方が多くて。やっぱりこういうもの、必要になりますよね」

画像12画像13

つまりこういうことだ。
ストラップ紐で、カバンや、場合によっては2台持ちの普通サイズの携帯にストラップフォン2をくくりつけ、使用時はフックを取り外し、使うというわけだ。

画像14

ケースはスピーカーやその他スイッチや端子部分に穴や切り欠きが開いていて、ケースを取り付けたまま、操作には問題無い。
(ストラップフォン2にストラップを取り付けることさえ可能だ。)

画像15

ただし、当たり前の話だが、フリスクよりは若干大きくなる。

しかし正直に言おう。
それでも筆者は、ストラップフォン2を失くさない自信が無い


同じような危険を承知で、ストラップフォン2を買おうとしている方がいれば、店員さんが言っていた情報を、もう2、3、書いておこう。

――それにしても、モックが無いっていうのは、やっぱり興味持たせて買わせる手段なんですかね?(笑)

店員「この機種は12,000台限定出荷と聞いてます。台数少ないんで、メーカーさんがそれでもいいと思ったんでしょうかね」

――限定!? たった1万ちょっとだけ!?

店員「ちなみにこの機種、実は初期不良の報告が多いです。なんらかの不具合ございましたら、すぐにウィルコムショップにお持ちください。まだ在庫ありますから、交換対応になると思います」

――初期不良ってどんな感じのものですか?

店員「電話帳が消える、メール内容が消える、勝手に初期化する等の、けっこう深刻な不具合と、あとバッテリーの持ちが異常に悪いという初期不良の事例もあります。」

――でも、電話帳消えたりするのは困るけど、これだけ小さいんだからバッテリーもそんな持つもんじゃないでしょう?(笑)。

店員「そうです、バッテリーの持ちは基本悪いです。連続待受時間は実測1日という話もあります。それよりぐんぐん減るというのであれば、初期不良の範囲だと思います」


……そういえばたった12,000台の限定出荷、全部ハケてしまった後に発覚した初期不良にはどう対応するのか、それは聞きそびれてしまったが、購入の検討をしている方は早めに決断したほうが良さそうだ。

※ただし、今回筆者が購入したストラップフォン2は、購入から一度も充電しておらず、初期設定や電話帳の移し換え、テスト通話程度に使った程度で約24時間が経過したが、バッテリーは消耗しておらず、電池表示アイコンは満充電のままであることを追記しておく。


WILLCOM ストラップフォン2案内
http://www.willcom-inc.com/ja/lineup/wx/06a/index.html


クラシエ フリスクペパーミント 50粒×12個クラシエ フリスクペパーミント 50粒×12個


クラシエフーズ
売り上げランキング : 792

Amazonで詳しく見る by AZlink