NewsACT

あなたの暮らしのためになる(?)漫画原作者・猪原賽が発信する中央線ライフブログ

  • 13:00

アボカド専門カフェ「アボカフェ」の「やみつきスパム丼」で女子力アップ!と思いきやついかっ込んでしまう件

画像3

ちまたの女子の間ではアボカドが流行っているらしいですね。
アボカド専門カフェ「アボカフェ」に行ってみたら、それを証拠付けるように、男子は私ひとりでビックリしました。

そう、こちらは神保町のアボカド専門カフェ、その名も「アボカフェ」。
画像1

神保町の裏路地のビルの3階。
ちょっとした隠れ家カフェとも言えそうな雰囲気。

画像2

店内にはめいっぱいのアボカドのストック。
ここ「アボカフェ」のメニューは、ケーキから料理まで、ほとんどすべてにアボカドを使用しているのです。

ところで、お気づきですか?
テーブル上のナプキン入れ。

これ、アレですよ、

迷惑メールをなぜ「スパム」と呼ぶか。その語源となった「SPAM」のモンティ・パイソン缶を手に入れた

こちらの記事でも紹介した、

画像6

モンティ・パイソン コラボSPAM「スパマロット」。これです。

なぜスパムがここにあるかというと、こちら「アボカフェ」さんではランチタイムに「やみつきスパム丼」を提供していて、これが文字通りやみつき級にうまい! という大人気メニューになってるんですよ。

画像4

というわけでオーダーしました。やみつきスパム丼!

アボカド専門店ですから、メニュー名に「アボカド」の文字が入っていなくたって、そりゃあもうアボカドてんこ盛りですよ!

画像5画像7

これにサラダと食後のドリンクが付いて、900円。
お得なカフェ・ランチですね。

画像6

まるごと1個分はあろうかというアボカドの、まろやかな甘味。
甘辛いテリヤキソースにマヨネーズの酸味。
そしてスパムの塩気。
そこに温泉玉子がとろ~りとかかり、
これがマジで絶品!

周囲はオシャレな女子ばかりなのに、ついかっ込んでしまいましたよ。


カフェではありますが、夜はオリジナルアボカド料理をつまみにお酒もいただけますし、
実はランチタイムでなくても、やみつきスパム丼も食べられます。
(おそらくランチセットのサラダ・ドリンク無し。1,000円。)

ランチメニューには日替わりアボカドカレーなどもあり、アボカドマニアにはたまらない聖地だと思います。

アボカドマニアの方はぜひ、足を運んでみては?


アボカフェ
東京都千代田区神田神保町1-2-9 ウエルスビル 3F
03-5281-6177
http://ameblo.jp/avocafe/


365日アボカドの本365日アボカドの本
佐藤 俊介

PHP研究所
売り上げランキング : 10337

Amazonで詳しく見る by AZlink