NewsACT

あなたの暮らしのためになる(?)漫画原作者・猪原賽が発信する中央線ライフブログ

  • 20:00

寿司をツマミに酒が飲みたかったら「要寿し」がオススメ。2,000円でお釣りが来る満足感

画像7

ちょっと寿司でもつまもうか、なんて時にカウンターの寿司屋は敷居が高いもの。
「時価」ってヤツが怖くて、ついついスーパーで寿司パックを買って気分をごまかしたりしませんか。

そんな時は上石神井と荻窪にある「要(かなめ)寿し」がオススメです。

1,980円ポッキリで楽しめる、ツマミと寿しと酒のセット「要セット」がお得なんです。
画像1

筆者が懇意にしているのは、支店のほうの「要寿し 荻窪店」。
JR荻窪駅から線路沿いに吉祥寺方面に向かって徒歩3分。
回転寿司や高級店とは違う、町のお寿司屋さんといった店構え。

画像3

店内はこんな感じで、全然かしこまった感じがありません(笑)。
気分はガード下の飲み屋さん。

こちらに訪れる客の大半は、店頭にも掲げられている、

画像2

「要セット」をいただきます。
すし、つまみ(刺身)、ビール、お酒、お吸い物のセットです。
この内容で1,980円は、かなりお得。

画像4

これが「つまみ」。お刺身ですね。
こじんまりとしていますが、酒の肴には充分。

画像9

そして、お気づきでしょうか。
「要セット」の「ビール、お酒」という表記。

「ビール or お酒」ではなく、「ビール お酒」なんですよ!

ビールは生ビールか瓶ビールを選べます。
お酒は徳利に一合。

つまみの刺身をいただきながら飲む酒としては充分。

そしてつまみが揃うと、

画像7

セットのお寿司の登場。
高級なネタこそ無いものの、回らない寿司屋に出かけ、軽くつまむには充分なネタ。

さらにこれらに、

画像6画像5

お吸い物と漬物が付きます。

もう一度書きます。
これらで1,980円ポッキリ

もう少しフンパツしようかな、と思ったら

画像8

イワシのタタキなんかいかがでしょう。
こちらは400円でいただけます。
ぜんぜんフンパツになりません(笑)。

「要寿し」さんの「要セット」を知ってから、筆者は回転寿司に行かなくなりました。
オシャレでも高級感のあるお店でもないですが、妙に落ち着いて酒の飲める場所。
「(回らない)寿司つまみに行くか!」が気軽に言えるのはすごくありがたい。

「要寿し」を一人で切り盛りする大将。
「大将!」と呼びかけると照れくさそうに笑います。
実は冒頭にも書いたとおり、上石神井のほうが本店。
大将の師匠が上石神井店を本店として構えており、
「大将(師匠)が向こうで店やってて、自分は(荻窪支店の)従業員なんで」と謙遜をします。

筆者は上石神井の本店に行ったことはないのですが、荻窪と同じく「要セット」は提供しているとのことなので、上石神井と荻窪のご近所にお住まいの方は、庶民の為のお気軽寿司セットを「要寿し」でぜひ体験して欲しいですね。


要寿し
東京都杉並区上荻1丁目10-5
03-3398-2893


寿司飴 5種 12個×2袋入り寿司飴 5種 12個×2袋入り


株式会社うめ海鮮
売り上げランキング : 7632

Amazonで詳しく見る by AZlink