NewsACT

あなたの暮らしのためになる(?)漫画原作者・猪原賽が発信する中央線ライフブログ

  • 07:00

マニア垂涎?学校指定の制服が買えちゃう中野の衣料品店「コード」

画像6
【ブロードウェイ珍百景】

中野ブロードウェイにはコスプレ衣装のショップが数軒ありますが、こちら「コード」はコスプレではなく、学校指定の制服を売る衣料品屋さん。

ですが、ただの制服屋ではありません。 画像5

店頭で紹介している通り、様々な映画やドラマに制服を提供しています。

伊藤英明・主演、三池崇史・監督、ショッキングなバイオレンスシーンで話題となった「悪の教典」の出演者達の着ている制服は、こちら「コード」の製作し提供したもの。

少し前で言うと、やはり三池監督作品である「クローズZERO」「クローズZEROⅡ」の出演者の制服も、こちらの提供した制服でした。

その時は鳳仙高校の制服が店頭に飾られていたのですが、少々デザインが「粋」なソレは、普通に売っている制服と比べて異彩を放っていました。
しかし、コスプレ衣装のような安っぽいものではなく、確かに指定制服のバリエーションとして作られた衣装用制服は、素材、質感、クオリティ、妙にリアル。

残念ながら、そういった映画用の衣装制服はコチラで買うことは出来ないのですが、ブロードウェイ内でひっそり営業する制服店が、実は業界では有名な衣装提供店であるというのは、ちょっと不思議な感じがします。


有名メーカーの制服から、「コード」オリジナルの制服を買うことの出来るショッピングサイトもありますので、ドン・○ホーテ等の量販店のぺっらぺらなコスプレ衣装ではなく、本格的な制服をコスプレに使いたい方は、「コード」通販ページを利用してみてはいかがでしょう?

靴や学生カバン等、学園系小物も揃っていますが、くれぐれも、映画・ドラマで使われた衣装そのものやレプリカは買えませんので、それだけはご注意を。


コード
http://www.cord.co.jp/

コード ショッピングサイト
http://www.cord-shop.com/