NewsACT

なたのらしのめになる(?)「世界の中野」からマンガ原作者・猪原賽が発信する中央線ライフブログ

  • 22:00

『孤独のグルメ』ロケ地探訪。沼袋のわさびカルビと卵かけご飯「平和苑」に行ってきた

画像4

先日好評のうちにドラマ版セカンドシーズンが終了した「孤独のグルメ」。
その中でも特に印象的だったのは、第三話「中野区沼袋のわさびカルビと卵かけご飯」の回だと思う。
そこそこいいお値段のメニュー。
ゴローちゃんは値段を気にせずどんどんオーダーしていく。
ひとり焼肉としてはいったい支払いいくらになったのだ……!
と、みなやきもきしたはずだ。

ドラマのこの回を視聴していた友人が、値段はともかく「牛肉苦手なんだけど、ここのわさびカルビなら食べれる気がする」という謎のモチベーションを発揮。
新年早々予約を入れると息をまくので、筆者もそれに乗っかった。

わさびカルビと卵かけご飯。
いいじゃないか……!
俺も食べたいよ! 牛肉だいすき!

画像10

これがメニューです。
改めて見てみれば、一人前2,500円の「和牛ハラミ」なんてのも見えますが、選べば普通の焼肉店の値段と変わらないでしょうか。

とりあえずゴローちゃんと同じ、

・わさびカルビ(1,500円)
・三角(1,500円)

を頼んでみます。

画像3画像2


「わさびカルビ」の、肉と本わさび。(二人前)

な、なんじゃこりゃあああああああ!!!
極上じゃないか……(ゴクリ
霜降りに、おろしたての本生わさび……

画像1

こちら「三角」。(二人前)

アホか! なんじゃこれ!? 極上カルビと違うんか!?
(と思ってあとで調べたら、「三角」とは焼肉屋さんによっては上、極上カルビとして出している肩バラ肉の特に良い部分。では、平和苑の特上カルビとは一体…………!?)


ところでドラマの中のマスターは、かなりお客さんにフランクに接して来ていましたが、実際のマスターはそれに輪をかけてフランクです。そして優しいです。

我々が平和苑初体験と知り、それならばと、一番美味しい焼肉の食べ方を指南してくれます。
というか肉を焼いてほどよいタイミングで、我々の小皿に「ほれ今食べろ」と置いてくれます。

画像4画像5

わさびカルビは、半面だけを焼き、わさびをのせ、半生の状態で折りたたみ、醤油皿にぽんと。

画像6画像7

三角は両面を一瞬あぶっただけで小皿にぽん!

焼肉に行くと、赤い部分が残っていると食べられない、完全に焼き締めないと食べない派がどうしてもいらっしゃる。
そんな方は帰ってくれないか!? とばかりにレアの肉を食わせようとするマスター。

ありがとう!
(半)なまにく超うめえ!!

「うまい本物食べなくちゃダメ」と、ドラマと同じことを言うマスターが、我々に訊きます。
「普段焼肉屋行った時、何食べてる? ウチのと比べてみな」と。
我々は「牛タン」と答えると、マスターは苦笑い。

そう、平和苑、なぜか牛タンを置いていません。
だったら……とオススメされたのが、

画像8画像9

「丸」(840円、写真は二人前)

マルとは、もも肉、赤身の部分。
不思議とタンに似た歯ごたえがありつつ、もっちりと柔らかい。
やば、これもうまい……。

画像11画像12

続いて「ホルモン皿」(1,200円、一人前)

ホルモン各種が少しずつ盛られてますが、マスターはこれをザラッと網にあけ、手早く網上で炒めるように混ぜ混ぜ。
「真ん中に集めて蒸し焼きにするんだよ」と。

画像13

「もういいよ」と完成したホルモンは、つやっつやで超きれい。
食べるとぶりぶりとした食感。
安いホルモンの噛み切れない感じがまったくありません。
なんだこれ、やばい。

画像14画像15

豚肉もいただきました。
ブランド豚「東京X」(900円)

脂身がかなり多いですが、この炎の透ける脂身が、超うまい。
サクッとした歯ごたえで、噛むとジューシーな脂があふれる……。
ほんのちょっとかかった塩胡椒と、仕上げにかけたレモン汁で引き立つ脂身の甘さがやばい……。


ここまで来て、冒頭の、牛肉が苦手なのに「平和苑」を体験したいと言った友人に改めて訊いてみました。
――どう? 牛肉。
「う、うまい……。しかしこれは高い、いい肉だからなのか?」
――だったら最後に頼んでみるか。
「何を?」

――この店にしてはリーズナブルな、無印のカルビ。

そう、わさびカルビ、特上カルビ、おすすめカルビ、たいがい一人前1,000円を超えるカルビの布陣の中で、逆に目立つ無印の「カルビ」。
その値段、680円。
「い、行ってみよう!」

画像16

はい、「カルビ」。(680円)

いや、もう、これ充分に上カルビの部類でしょ……ってやつ来ちゃった。

画像17

タレ味で、こちらもホルモン同様蒸すように炒め上げ、ミディアムレアに。
タレの甘味と脂の甘味に加え、蒸し焼きにした焦げ目の香りが、スモーク香のようにも思える妙味。
やばい、一番安いカルビでも、ほかとは違う、違い過ぎる。

――どうだい? 友よ。
「う、うまい……牛肉うまいじゃないか……」

うまくないわけがない。
だが友人よ、これからもきっと、キミは他で食べる牛肉は苦手だろう。
平和苑、ここの焼肉は段違い過ぎる……!


画像18画像19

最後のシメは、ゴローちゃんと同じく卵かけご飯。
多めの醤油に負けない濃厚な玉子の味、そして干し納豆のアクセント。

美味い。うまい。卵かけご飯って、こんなに美味かったっけ。
正直に言おう、筆者は生玉子が苦手だ。
卵かけご飯なんて、20年は食ってない。

孤独のグルメ・ロケ地探訪「平和苑」編。
友人が牛肉克服のテーマをもって望んだのなら、
筆者の裏テーマは卵かけご飯克服。

ここの卵かけご飯なら食べれるんじゃないかなーと思ったら、
食えた。うまいと思った。

両者の苦手な食べ物をメインに据えながら、それを克服しようと店に向かわせる魅力。
そして実際食べて克服し、めたくそ美味いと思わせるホンモノ。

ゴローちゃん!!
この店ヤバイです!!!

もしかして俺、ここ以外の卵かけご飯は食べれないのかな……なんて。


平和苑
東京都中野区沼袋3-23-2
03-3388-9762



孤独のグルメ Blu-ray BOX
孤独のグルメ Blu-ray BOX