NewsACT

あなたの暮らしのためになる(?)漫画原作者・猪原賽が発信する中央線ライフブログ

  • 12:00

帰省に、ご挨拶に。手土産には「豆狸」のいなり寿司はいかが

画像1

2012年の年末に筆者が実家に帰省した折、手土産として購入したのが、「豆狸(まめだ)」のいなり寿司。
写真は詰め合わせセット。6種類×各3つの、バラエティに富んだセットです。 画像2


「豆狸」の店舗は駅構内や、エキナカ「エキュート」内に出店していることが多く、帰省の折などには持って来いの立地。

そしてそのいなり寿司そのものは、

画像6画像7

素朴なものから五目いなり、

写真にも見えると思いますが、黒糖を使用し煮上げた油揚げで包んだ「黒豆狸」や、
サトウキビによる赤い発色である「赤豆狸」、

そして豆狸のいなりとして定番かつ一番人気の、「わさびいなり」。

どれもひとくち大の手頃なサイズで、ついつい手が伸びてしまい、18個なんて数もあっというまに食べてしまいます。

特に「わさびいなり」は、寿司としては当然あるべきで、しかし今までに確かになかった、「いなり寿司」+「わさび」の組み合わせ。
つーんとくる刺激と甘ーいお揚げの絶妙なコンビネーションは、実にクセになります。


画像3

お揚げで包まれたいなり寿司は、見た目はどうしても地味なもの。
しかしこんなものも売ってました。

「ごちそういなりセット」。

画像4画像5

豚角煮、赤海老スープ煮、牡蠣時雨煮、牛肉甘辛煮がどーんと開いたお揚げから見える、ごちそう仕様4種のセット。

これは「豆狸」40周年(すごい!)記念の期間限定にて、12月いっぱいで終了とのことでしたが、行けば必ずある定番「わさびいなり」に加え、季節によって回転する「季節のいなり」も必ずありますので、定番+季節のもの、飽きずにいろんな種類のいなりを買えるのが「豆狸」の魅力のひとつです。


さて、では「豆狸」はどこにあるか、というのは、下記公式サイトにて。
大阪阪急うめだ本店を始め、北海道から九州まで全国展開していますので、ご近所や、利用する交通機関の途中にないかどうか、チェックしてみてください!


阪急デリカ 豆狸
http://www.hankyu-delica.co.jp/product/mameda.html


妖狐×僕SS 渡狸卍里 先祖返り 豆狸 ぬいぐるみ
妖狐×僕SS 渡狸卍里 先祖返り 豆狸 ぬいぐるみ