NewsACT

あなたの暮らしのためになる(?)漫画原作者・猪原賽が発信する中央線ライフブログ

  • 12:00

ケンミン性を比べられるかも?渋谷LOFTで全国「県民手帳」大集合中

画像1

皆さん来年の手帳はもう用意しましたか?

渋谷LOFT1階に、日本全国の「県民手帳」が勢ぞろいしていました。 画像2

「県民手帳」とは、全国各都道府県自治体が発行しているスケジュール手帳。
本来であれば地元書店等でのみ手に入るものですが、現在、渋谷ロフトにて、全国の県民手帳が勢ぞろいしています。

しかも、その値段、400円からとかなり格安。
(発行されていない県もあり、47都道府県すべてが揃っているわけではないもよう。)


画像1画像4

47種類ではなくても、かなりの数があります。

シックな色に県のシンボルマークのみの地味なデザインから、
ご当地ゆるキャラをデザインしたものなど。

画像3

ご当地ゆるキャラと言えば、熊本の「くまモン」。
他の県のゆるキャラは、商品ラベルにそっと描かれているくらいなのに、こいつだけは完全に手帳の表紙に印刷されています。


画像5

その中でも異彩を放つ、女子ウケのみを狙ったのか、ゆるキャラに合わせたらこうなったのか、買う者を選びそうなピンク色の「福島県民手帳」。
買ってみました。
(筆者は福島県民でも出身者でもありません。)

画像6

もちろん開けばまず福島県の地図が出て来ます。

画像7

県の旗や県の花、県の鳥に、「県民の歌」。
ローカル色満載!

画像8画像9

しかしながら、月単位カレンダータイプと、週単位のスケジュール欄があり、実用度もなかなか。
こういうシンプルなデザインが、やはり使いやすいですよね。

画像10

もちろん後半は「資料編」。
福島県の統計や、公共機関の連絡先等、福島県民であればいざというときに役に立つ情報がいっぱい!
そう、福島県民ならば

画像11

で、巻末にはなぜか「東京地下鉄路線図」。
住所録にも使える別冊付き。

ここまで基本に忠実なスケジュール帳も、最近なかなか見かけないようにも思います。

繰り返しますが、筆者は福島県民ではありません。ですがこの手帳、気に入りました。



まだ来年のスケジュール帳を購入していないなあという方は、ぜひ渋谷のロフトに来てみてください。
そして自分の出身地や、あの人の出身地、あこがれの県の「県民手帳」、手にとって見てみましょう。

この「福島県民手帳」は福島の情報+シンプルスケジュール欄と、見た目がピンクという以外はとてもベーシック。
しかし他の県の「県民手帳」を見てみると、県民手帳なのに県の情報・統計が無いものから、もっと詳しいローカル色たっぷりなもの、上の「くまモン熊本県民手帳」のように、完全にゆるキャラグッズと化したもの、本当にひとくちに「県民手帳」と言ってもさまざまです。

これが……県民性の違い……!?

それを見比べるだけでも楽しいし、思い入れのある県の手帳を買っても良いでしょう。
もちろん私のように、実用的な意味かつ安いというだけで選んでも良いかもしれませんね。


秘密のケンミンSHOW完全レシピ本
秘密のケンミンSHOW完全レシピ本