NewsACT

あなたの暮らしのためになる(?)漫画原作者・猪原賽が発信する中央線ライフブログ

  • 21:00

【なくなりました】中野ブロードウェイ側にある再開発中の飲み屋街「四十五番街」の廃墟的なさまがヤバイ

画像15

中野ブロードウェイ横にある「四十五番街」という飲み屋街について。

(写真の奥に見える建物が、中野ブロードウェイ。) 画像2

中野ブロードウェイの早稲田通り側出口を出て右を見ると、「四十五番街」の看板が見えます。

画像1

明るい飲食店街 四十五番街入口」。

かつてはいくつもの店の名前がこの看板に並んでいましたが、今では見てのとおり「ぱじゃんか」の名が大きく、ひとつだけ表示されています。

入口と言っても……

画像3

こんな細道。
実に怪しい。
奥に入ってみましょう。

画像4画像7

画像5

居並んでいたはずの店は、建物ごと無くなり、ベニヤ板で囲われています。
実に寂しい。
明るい飲食店街」が、うら寒く感じます。

いくつか建ったままの建物もあります。

画像6

これが入口にも表示されていた「ぱじゃんか」。スナックです。
この四十五番街で今も営業しているのは、この一軒のみ……のはずですが、これ、本当に営業しているんでしょうか。


画像8

完全に空き家となっている建物。

画像9画像10

その向かいにもぽつんと一軒。
(ちなみにこれ、冒頭の写真に映った建物。)

看板がうっすら見えます。

「VOW'S BAR」=「坊主バー」。

現在は「ワールド会館」ビルに転居した、実際のお坊さんがバーテンを務める仏教バー「坊主バー」の、昔の店舗。

画像11画像12

画像14画像13

他にも小料理屋だったっぽい並びに、違法駐輪。

あんなに活気のある中野ブロードウェイや、中野の飲食店街にほど近い一角とは思えない荒れっぷり。


ただ、こんな荒れた空き地群に、ただひとつきれいな建物が建っています。

画像16画像17

画像18

看板には、「ぱじゃんか」とあります。

この四十五番街の、最後まで営業を続けている(はずの)一軒と、同じ名前の看板が掲げられた、新しい建物。


老朽化した街全体がどんどん取り壊され、再開発されているのかすらも怪しい空き地のままの路地。

「四十五番街」最後の砦が、最初の店でもある街。

まだまだ、「街」としての再稼働は遠いように見えますが、ゆっくり見守りたい区画です。


路地裏の優しい猫 2008 [DVD]
路地裏の優しい猫 2008 [DVD]