NewsACT

あなたの暮らしのためになる(?)漫画原作者・猪原賽が発信する中央線ライフブログ

  • 00:30

ビーフジャーキーに代わる「鮭ジャーキー」なるものがなかなか珍味らしいので食べてみた

画像1
いっとき日本の、いや世界の流通に大打撃を与えたBSE問題。

未だにその影響がある商品、それは何だかわかりますか?

ヒントはこの写真。
というか、タイトルにも書いちゃってるし、これが答えです。

1
TENGUブランドのビーフジャーキー。

一部の酒飲みはご存知だと思いますが、この天狗マークでお馴染みのTENGUビーフジャーキー。
日系移民2世のアメリカ人、ケン大崎氏が作ったブランド。 

つまり アメリカ製品なわけです。
アメリカのビーフジャーキーと言えば、TENGU。
皆さんそんな認識ではないですか?

今、日本で売られているTENGUジャーキーは、実はアルゼンチンで生産加工されて、アルゼンチンから運ばれて来ているもの。

現在のTENGUジャーキーはアルゼンチン産なんですよ!!

 
その影響はカナダにも及び、カナダ国内ではビーフジャーキーに代わり、
冒頭の写真の製品の人気が高まっているとか。

 画像1画像2
つまりこれ、鮭ジャーキー、「スモークサーモンジャーキー」。

鮭を加工した乾きものといえば「鮭とば」がありますが、繊維質の噛みごたえ、スモークされた燻煙香……こちらは確かに「ジャーキー」と言うべき食感と味になってます。

おなじみのビーフジャーキーと似て非なる、珍味。


カナダ人がBSE禍に悩まされ、牛肉の代わりに作った苦肉の策ながら、ビーフジャーキーを上回る人気の品となったこの「スモークサーモンジャーキー」。
皆さんも安心してお召し上がりあれ。



スモークサーモンジャーキー 28g
スモークサーモンジャーキー 28g