NewsACT

あなたの暮らしのためになる(?)漫画原作者・猪原賽が発信する中央線ライフブログ

  • 22:00

ここは本当に池袋なのか?中国に来たのではないかと錯覚する激辛麻辣鍋の店「マーラータン」

画像9
西池袋で激辛火鍋が食べられると聞いたので行ってみた。

「麻辣燙(マーラータン)」。

参った。この店の鍋はホントに辛いし、雰囲気もかなりキテる。 画像17
基本の鍋は壁に書いてあるとおり、600円。
激辛耐性は強い筆者。激辛の「4辛」を頼もうとしたが、同行者が物怖じし、おすすめの「2辛」で頼むことに。

画像1画像2
しかし出て来たものはこのとおり真っ赤っ赤。
鍋もコンロをはみ出す超デカ仕様。

仕切りがあるのはなぜか。
それはここのシステムと関係がある。

こちらのマーラータン鍋、具材は1本80円均一のバイキング形式。

画像3
画像4画像5
店の一角は、このとおり食材置き場。
肉、モツ、野菜、海鮮。
色とりどりの串が雑然と置かれている。

画像6画像7
それらを好きなだけ各自カゴに盛り、

画像8
煮えた汁に浸け、煮込むわけだ。
海鮮や野菜、味が混ざらぬよう、この仕切りで種類を分けつつ煮込む。

会計の際はこの串の数を数えて勘定される、明朗会計。

それにしても、壁の写真を見てもらって違和感を感じただろうか。
そこらじゅうが漢字、漢字、漢字。

画像12画像13画像14
メニューも美味そうな四川料理の数々が並んでいるが……

日本語は申し訳程度。
これは何ですか? と店員に訊こうものなら……

店員さんが全員中国人
しかも、日本語がおぼつかない

店員相手に流暢な会話をしていると思ったら、我々以外の客は全て中国人だった。

つまり、店内はそれなりに混んでいたのだが、日本人は筆者の一行のみだった。

すごい疎外感。

というか、「こんなところに紛れ込んでしまって申し訳ありません」気分。


しかし鍋は激辛激ウマだ。

画像10画像15画像16
辛いだけではない、四川風 麻辣味の火鍋。つまり、痺れるように激辛だ。
麻辣味で煮込まれた白菜やレンコン、エビやタコ、そして肉。

食べればクセになって食べ続けてしまうし、食うほどに汗が噴き出る。
髪がびしょびしょになるほどに。

これで「2辛」なのだから、4辛になるとどれほどのものか。

さすがにこの2辛鍋、「赤から」の赤10番鍋に比べれば、若干辛味は抑え目。
とはいえ、痺れる麻味で、刺激の度合いはだいぶ肉薄している。

4辛マーラータン……気になる。


そして他のメニューは一体……。
しかし、あまりの異邦人感に、店員に声をかけ、質問するのがはばかれる。

メニューを眺め、やっとのことで理解したのは、

画像11
串と同じ場所に置かれているこの皿にラップされた一品料理は、各種280円均一だということ。
(ピータン豆腐だけ取って来てみた。)

串具材をしこたま煮込んで食って、それなりに腹も膨れたので、追加オーダーは断念することにした。

筆者の友人にはそれなりに中国語を勉強している者もいるので、今度はそいつを連れて行き、いろいろ頼んでみたいと思う。

だってこんなにカラシビ旨いマーラータンの汁、ぜったい〆に何か楽しむ方法あると思うんだ。
筆者達が帰ったあと、きっと店員も周囲の客も、
「あいつらこんなとこに紛れ込んじゃって、何も訊かずに火鍋も中途半端な食い方してったな」みたいなこと言われてるに違いないんだ!(被害妄想)

他のメニューも激辛ぞろい。激辛マニアの筆者としては、4辛鍋と共に挑戦したいし、これは再挑戦するべき店だ。


重慶麻辣燙(マーラータン)
東京都豊島区西池袋1-35-2 明徳ビル3F
03-6914-1159


ブレアーズ サドンデスソース・ジョロキア 150ml
ブレアーズ サドンデスソース・ジョロキア 150ml