NewsACT

あなたの暮らしのためになる(?)漫画原作者・猪原賽が発信する中央線ライフブログ

  • 21:30

都内で味わえる北国の恵み、新宿高島屋の「 大 北 海 道 展 」に行ってきました

画像9
デパートにおける地方物産展の花形、北海道物産展。

新宿「高島屋」で、「第16回大北海道展」を開催していたので、行ってみました。

開期は10月30日から、今週末の11日(日)まで。 画像1
地方物産展でも、北海道は誰もがイメージするとおり、海産物の大博覧会でもあります。

画像2画像3
丸々と太ったシシャモ、大きくて張りのあるタラコ・明太子。

画像4
海産珍味の数々。

画像9画像10
新鮮な魚介類をこれでもかと乗せたちらし弁当に、ウニとごはんを一緒に炊いたうにめしに、さらに蒸しウニといくらをのせた、礼文蒸しウニ弁当。

画像1
画像2画像3
そして、駅弁オールシーズンオールタイムナンバーワン、「いかめし」。

画像5画像7
イカの塩辛等は、急速冷凍でマイナス50度までに冷凍され、会場で自然解凍を待ち、その都度新鮮なものをパックに詰めて販売されています。

画像6
解凍しはじめのにしん親子漬けが、こんなふうに飾られたりしています。
滅多に見ない光景に、つい写真を撮らせてもらっちゃいました。

中でも試食させてもらったうちで、これが筆者のナンバーワン、


画像11
釧路 おが和」さんの「紅鮭ししゃもっ子」。
ほくし鮭と、ししゃも子(ししゃもの玉子)を混ぜた紅鮭フレークの新顔。

ぷちっとしたししゃもっ子の食感が口の中で弾け、その後にシャケの風味が香ってくる、まさに「ごはんの友」!
かなりこれはイケてます!


そして、海産物以外にも、北海道物産展の常連と言えば、

画像9
このペパーミントグリーンに染まった店頭でお馴染みの、
北見ハッカ通商」。

筆者は北海道展に行くと必ずこちらの、ハッカ油のリフィル(つめ替え瓶)を購入します。
今回はそれ以外にも、

画像4
ミントタブレット、ハッカ湯の素、(そしてつめ替え瓶)を購入。
リフィルとは、

画像5
このように、12ml×2本のハッカ油そのもの。

画像6
この左の瓶が、ハッカ油のミニスプレー。
そのつめ替え瓶を買ったわけです。

そんなに使うのかって?
使うんですよ。

ハッカ油とは、和種薄荷(多年草・ハーブ)から抽出した油で、もちろん、100%自然由来のもの。
夏には節電アイテムとしても見直され、

・おしぼりにこのスプレーをシュッと
・お風呂にシュシュッと
・枕や身体にシュッと

ひんやりとした冷感を得ることも出来れば、

・水で薄めて虫除けに(自然由来なので観葉植物やお子さんにも)
・カバンや靴のカビ防止に

そしてもちろん、自然由来の安心香料ですので、

・紅茶にひと吹きでミントティーに
・水で薄めてマウスウォッシュに

生活のありとあらゆる場面で、清潔・涼感の為に役に立つアイテムなんです。
まあ、季節は折しも冬に入り、だいぶ寒くなってきたので、出番は少なくなるのも事実ですが。

ところで知ってました?
ミントタブレットなどのあのミント的なお菓子に使われる香料「メントール」。
あれ、化学的に合成された合成ハッカなんですよ。
食品で使われるミント香料の9割が、この合成ハッカだと言われています。


画像8
ですが、こちら北見の「Mentab」は、北見のハッカ油から作られた天然ハッカを使用した、自然なミントタブレット。
実に爽やかで美味しいミントタブレットです。


ハッカは漢方でも消化不良・下痢・頭痛等に効くとされ、香りを嗅いだり、こめかみに塗ったりしても効果があります。
上にも書いたとおり、水で薄めて使えば害虫忌避効果もあります。

そりゃあつめ替えなんて、北海道展ある度に買ってしまいますよ!


歴史があり、品質も良い、ハッカ油と言えば北海道・北見のハッカ。
ぜひ海産物と同樣、北海道展でチェックしてください。


釧路おが和
http://www.sh.rim.or.jp/~ogawa/


北見ハッカ通商
http://www.hakka.be/index.html

北見ハッカ通商 ハッカ油セット 10ml スプレー+20ml 【HTRC3】
北見ハッカ通商 ハッカ油セット 10ml スプレー+20ml 【HTRC3】