NewsACT

あなたの暮らしのためになる(?)漫画原作者・猪原賽が発信する中央線ライフブログ

  • 12:00

【リニューアルしました】高円寺No.1濃厚豚骨ラーメンはここだ! 高円寺「じゃぐら」

01

高円寺「じゃぐら」。

「高円寺No.1濃厚豚骨ラーメン」と店先の立て看板に掲げている、大それた店が、ここだ。

その看板は、当初「高円寺」と「No.1」の文字の間に、「多分」と書き添え、謙遜していた。

しかし今は違う。店主は謙遜をやめた。

現在「多分」の字には、大きくバッテンが書いてある。

ここが高円寺ナンバーワンだ。

(ちなみに天下一品は、豚骨ラーメンではない。


01

で、これがそのナンバーワン濃厚な豚骨ラーメンである。

不鮮明な写真でも、その どろり とした質感が伝わると思う。

しかし味も作りも繊細だ。

赤い油は、トッピングとして選べる追い油。

 

赤は、ネギ辛味油。

黒は、黒麻油。

茶は、魚介油。

 

三種の油が選べ、これを少しずつ溶かすことで、味の変化が楽しめる。

(油無しも選べる。)

濃厚なのだが臭みのない旨味たっぷりのスープに、その時の気分で

辛味を、

パンチの効いたニンニク味を、

豚骨魚介ダブルスープテイストを、

選んで楽しむことが出来る、至福。


02

これは限定チーズクリームラーメンが品切れの際に代わりに出してもらった、チーズトッピング。

(オイル無し)


03

こちらは「全部入り」。

(オイルは赤)

濃厚豚骨ラーメンというと、関西から鳴り物入りで参入して来た、沼袋の無鉄砲がある。



04

(これが「無鉄砲」のラーメンだ。)

こちらも美味い。確かに濃ゆい。

しかし、こんなにどろりと濃厚でありながらスープをつい飲み干してしまうスッキリ感は、じゃぐらに若干の軍配が上がるかもしれない。

それに、「高円寺No.1」だし。沼袋は範囲外だ。

 

メニューは他にもつけ麺が用意されている。

同じように濃厚なスープがつけ汁になる。

もちろんつけ麺のほうが麺は多めに盛られる。

より濃厚な汁で、小麦香る麺をしこたま食いたい時、つけ麺を選ぶのも手だろう。

 

また期間限定、当日限定のメニューもある。

そんなメニュー開発の為に臨時休業もあるので、それら当日限定メニューのお知らせや、臨時休業の知らせが入る、じゃぐらのTwitterアカウントもぜひフォローしておくべきだろう。



こんなふうにスープ切れ休業のツイートも出る。

営業時間の知らせ以外にも、「Twitter見た」で味玉サービス、なんて日もある。

フォローしない手は無い。

 

 

豚骨ラーメン じゃぐら

東京都杉並区高円寺南2-21-7

03-3313-1253

平日11:30~15:00/17:30~22:00

土日祝11:30~スープ切れまで

(不定休:主に火曜休み)

Twitter https://twitter.com/tonkotsujagura


パチスロ倶楽部コレクション アイムジャグラーEX ~ジャグラーセレクション~
パチスロ倶楽部コレクション アイムジャグラーEX ~ジャグラーセレクション~