NewsACT

あなたの暮らしのためになる(?)漫画原作者・猪原賽が発信する中央線ライフブログ

  • 21:45

中野ブロードウェイの医療コーナーの最奥、幻の未確認営業カフェ「Kカフェ」

【ブロードウェイ珍百景】
画像24
中野ブロードウェイとは、1966年に開業した複合ビル。

上層はマンション、下層は商業施設。

商業施設は食材から雑貨、寝具やオモチャまで、このビルの中で生活の全てがまかなえる。

もちろん、医療までもだ。
ブロードウェイに遊びに来た観光客は、地下一階から4階までの商業区画をくまなく回る。

そして、4階の閑散とした雰囲気に、少々戸惑うだろう。

4階は雑貨テナントや「まんだらけ」がある一方、ブロードウェイ内のテナントの倉庫や事務所も数が多い。

そのため、ちょっとしたシャッター街の雰囲気がある。

画像23
中でも、シャッターは閉まっていないものの、薄暗い区画となってしまっているのが、この図に見える「医療コーナー」である。

画像21
フロアを歩いていると、いきなり現れる、医療ポスター。
病院の待合室によく見られるアレだ。

画像19
この通りが「医療コーナー」。

画像20
歯科、皮膚科、眼科、内科、そして薬局。
ちょっとした医療をこの区画で充分受けられる。

画像22
しかし、人通りは少ない。



実はこの一番奥は、医療コーナーにありながら、医院・病院ではない。

「Kカフェ」という名のカフェが入っている。

もう一度地図を見て欲しい。

画像23
袋小路となった医療コーナーの最奥に「K-CAFE」と見える。

実はこれ、作家の渡辺浩弐さんの店。

告知ブログを見ても、今、とても営業しているとは思えない。
(2010年3月で更新が止まっている。)

しかし、ごくたまに、
渡辺浩弐さんのTwitterで告知される開店日もあれば、

『死ぬのがこわくなくなる話』刊行記念サイン会開催決定!@中野ブロードウェイ

この告知記事のように、渡辺浩弐さんのサイン会会場となることもあるようだ。(2012年4月)


(おそらく)最新の情報では、

日刊SPA! 「渡辺浩弐の日々是コージ中」第502回
・自分ち(中野ブロードウェイ4階のKカフェ)でのサイン会もいつかやろうと思っていますが、その時はどの本屋さんで買って持ってきてくださってもOKで すし、そして (紀伊國屋さんとかで買って)既にサインの入った『2000年のゲーム・キッズ』を持ってきてくださった方には、追加サービスを考えますね。
(2012年10月13日)

とご本人も「サイン会もいつか(Kカフェで)やろうと思って」いると言っているように、いったいいつオープンしているかわからないが、確実に今も存在しているカフェのようだ。

そしてそこで出されるものは、
UFOコーヒー? UFO水? 視界がクリアに……!?

Kカフェ、気になる……。

まさに未確認営業カフェと言っていいだろう。


もし開いてるところを見かけたら、ぜひご連絡ください。



日清 焼そばプチUFO 63g×12個
日清 焼そばプチUFO 63g×12個