NewsACT

あなたの暮らしのためになる(?)漫画原作者・猪原賽が発信する中央線ライフブログ

  • 07:00

【閉店】店長は…柴犬!?猫カフェならぬ犬バー!渋谷の「bar black sheep」

渋谷道玄坂、ヤマダ電機LABI。

その裏口を出たら、左を見上げてみて欲しい。

画像12
かわいらしい柴犬が、こちらを覗いているかもしれない。

――ここは、「bar black sheep」。

道玄坂裏の隠れ家的バーだ。
LABIの裏口を出てすぐ左のビルの二階。

階段を上がると、奥に入り口がある。

02
早速犬の脱走防止の柵がw
この柵を乗り越えると、

03
ガラスの扉から、black sheep の店長、柴犬のハナちゃんがこちらを覗いている。

このハナちゃん、人間マスターの飼い犬で、生後1年半のメス犬だ。

毎日人間マスターと共にこのバーに出勤してくる。

04
ちょっと、隣失礼しますよ。
とばかりに客の隣の席に座るハナちゃん。

非常におとなしく、また人懐っこく、柴犬店長を名乗って偽り無しの接客をする。


05
この日4度目の来店だと言う、居合わせた女性客の膝に、おとなしく座るハナちゃん。

「もう、お客さんの膝の上は定位置ですね」
人間のマスターは言う。

ハナちゃんは本当によく、お客と遊ぶ。
客の投げたボールを追って店内を走り、カウンターに座る客の近くに寄って、「ちょっと膝に乗せてくださいよ」と見つめる。

「カウンターが埋まってると、お客さんの膝の上を右から左まで渡ったりするんですよ」
この日は残念ながら筆者と写真に写った女性客だけだったが、それはそれでハナちゃんと遊ぶのを独占出来て、正直うれしい(笑)。

もちろんここは犬と戯れるだけの場所ではない。バーなのだ。

06_2
モヒートをいただいた。
もう季節のカクテルではないが、ミントがさわやかで、実にうまい。


06
目の前に並んだ酒や頼むのもいいが、オススメは、

07
カゴに盛られたフルーツから、マスターにオススメを訊くのが良い。
マスターが毎日仕入れるこだわりの果物で、客の好みに応じたフレッシュフルーツカクテルを作ってくれる。

0809
キウイ、パイナップル、

1011
レッドグレープフルーツ、レモンから作ってもらったカクテル。
これらのカクテルに、名前は無い。

「カクテルの名前って、妙にかっこつけてたりで、言うのも言われるのも恥ずかしくて」
とマスターは言う。

だからここでは、使ってもらいたい果物と、お酒をざっくり伝えて、名前の無いカクテルをお願いするのが正解だ。

12
これは、いちごのカクテル。
こうした話を聞いたり写真を撮ったりしている間も、


13
柴犬店長・ハナちゃんは女性客の膝の上で落ち着いてしまっている(笑)。

14
「ねむいー」

15
寝た。

16
起きた。

19
やっぱり寝た。

18
しっかり寝る時は、隣の空き席で。
でも接客しないと……。

20
起きた。「やっぱ眠いよー」

21
これはカウンターの隅に置かれた、自由に食べていい駄菓子箱。

さっきのカクテルの写真に、バカボンパパが写っていたのをお気づきだろうか。
赤塚不二夫のマンガキャラクターや、楳図かずおの「まことちゃん」。
これらはマスターが好きなものだ。

暗くシックな内装に、なぜかしっくり来るそれらのキャラのフィギュアが飾られている。

実にフシギで、癒される空間。

フレッシュフルーツカクテルを味わいに、

マンガキャラを見に、

そしてもちろん、柴犬店長ハナちゃんに会いに、

ぜひ渋谷のblack sheep、ヤマダ電機LABI の裏口から、見上げて欲しい。

01
「ここで待ってます」


ちなみに無料の駄菓子箱。
中には「犬用おやつ」も入っているので、取るときは注意だ(笑)。


bar black sheep
渋谷区道玄坂2‐29‐13若槻ビル2F
19:00~(日曜定休)

Twitter

撮り逃げしないで、中で相手してあげてください(笑)


柴犬変顔写真集 シバだもの。
柴犬変顔写真集 シバだもの。