NewsACT

あなたの暮らしのためになる(?)漫画原作者・猪原賽が発信する中央線ライフブログ

  • 07:00

熱い!辛い!旨い! 名古屋メシ・寿がきや「台湾ラーメン」実食

画像1
名古屋のソウルフードのひとつ、「台湾ラーメン」。

名古屋発祥なのに、「台湾」ラーメン。

インスタント麺をお土産でいただいたので、美味しくいただこうと思います。

まず、中身の確認をば。
画像2
内容は、ノンフライ麺、液体スープ、粉末スープ。

単に茹でて作るのでは味気ないので、具も用意します。

なになに?

肉ミンチ、ニラ、もやし、唐辛子を炒め、塩・こしょう・しょうゆ等で味付けします。

挽肉もニラも無いな……。

画像3
というわけで出来上がりました!

具はほぐしチャーシューともやしの醤油炒め! 隠し味に一味を12振り!

スープに浮くラー油と思われる油が辛そうですね。食べてみましょう。


画像4
おお、ちじれたノンフライ麺にスープが絡んで、これは実に……

辛いですね。

ペヤング激辛や蒙古タンメンカップほどではないですが、ナメてかかるとむせそうな味。

麺もスープを持ってくるわりにつるっとなめらかで、ほのかな小麦香。

インスタントのわりにはがんばってる麺。

そんな麺とともにすするスープは、辛味の奥に鶏ガラ醤油のコクを感じ、これは……ゴハンに合いそうだ。





名古屋の人はこれ、どうやって食べるんでしょう?

ラーメンライスはあり? なし?

本場で食べた事ないのでわからないのですが、これは個人的にはラーメンライスで行きたい味。

というか、スープを残して、あとで雑炊にしたい気もします。



ところで、

辛味に弱い人向けに、同じく 寿がきや から「これぞ名古屋めし! 台湾ラーメン アメリカン」という、もはやどこの国の食い物かさっぱりわからないカップ麺が出ていたらしいですが、寿がきやのカップ麺ラインナップを見ると、現在は販売されていないようです。残念。

あ、アメリカンって、アメリカンコーヒーみたいに(辛)味が「薄い」ってことです、たぶん。


寿がきや カップ台湾ラーメン ピリ辛醤 99g×12個
寿がきや カップ台湾ラーメン ピリ辛醤 99g×12個