NewsACT

なたのらしのめになる(?)「世界の中野」からマンガ原作者・猪原賽が発信する中央線ライフブログ

  • 22:00

誰にも言えないつぶやきに、誰かが必ず答えてくれる「Arrow」の安心感は異常

「mixi疲れ」って言葉がありましたね。

最近どうですか? Facebookでリア充装うのに疲れたりしてません?

Twitterでサブアカウント取得して、「王様の耳はロバの耳!!」なんて吐き出していませんか?

そんなことしなくてもちょうどいい、癒しの匿名SNS(?)サービスがありますよ。

ar_01
それが、「Arrow」。

「Arrow」のシステムはTwitterと似ています。

ar_00
この枠内に今叫びたいこと、気持ち、愚痴、泣き言……何でもいいんです、200字以内の言葉を、一本の矢に見立てて、投げる。

すると、その「矢」は、Arrowシステムでランダムに選ばれた、他の誰かに届くんです。

その誰かが、そっと答えてくれる。

見ず知らずの誰かが投げた矢に、見ず知らずの誰かが答える。

実生活に何の関係もない無作為の相手になら言える「言葉」を投げ、それに必ず誰かが返事をくれる。

それは関係ない無作為の人間だからこそ、優しいことばをかけてくれたり、逆に辛辣なことばかもしれない。

しかし、単に吐き出したかったことばを無関係の人間が聞いてくれた、その安心感といったらないですよ。



ar_02
試しに僕は「おはよう」という「矢」を投げてみました。

しばらく待っていると……

ar_05
誰かが答えてくれました。

ホッとした……。

この返してくれた人は、完全に無関係。

Arrowのシステムで、ランダムに選ばれた誰かに僕の矢が届き、その人が返してくれたのです。

その返事が気に入ったら、

ar_06
「Thanks」ボタンを押しましょう。

読んでくれてありがとう。返してくれてありがとう。の、ちょっとしたキモチの伝達手段です。




もちろん逆に、Arrowを開いている限り、誰かから矢が届きます。

ar_03
そんな時は返事を書いて返してもよし、


ar_04
右下の「TM」ボタンで「たらい回し」したりもできます。

そう、この「TM」が画期的なシステムのひとつ。

自分に刺さった「矢」、返事を必ず返す必要はありません。

「TM(たらいまわし)」して、この矢への返事は、また他の誰かに託すことが出来るのです。

自分に届いた「誰かのことば」=矢に、気分次第で答えたり、TMしたり。

このゆるい関係が、FacebookやTwitterには無い、そんなSNSの人間関係に疲れたユーザーの癒し空間になっているわけです。



基本的には1対1の関係で、返事はランダムな誰かから一通なんですが、

たくさんの(無関係な)人に読んでもらいたい、いっぱい返事が欲しい、という場合は、

ar_07
矢を放つときに、「Share」チェックをしましょう。

これは誰かに放った矢が、返事をもらったらそこで終わらず、また別の誰かに向けて投げられるオプションサービス。

つまり、ランダムにランダムにArrowユーザーにバトンをつなぐように届き続け、TMされたり、返事をもらい続けたりするわけです。

ar_09
そう、こんなふうに、「知らない誰か」の皆さんがどんどん答えてくれる。

ちょっと、うれしいですよね。



このShare機能、基本的に1対1のやりとりが推奨されているArrowにおいて、あくまでもオプション。

各個人の所有する「DA」という数値で制限されています。

ar_08
このオプションを付けた矢は「シェアアロー」と呼ばれ、DAが5本、消費されます。

DAとは、「ダイレクトアロー」。

ランダムに投げられる矢と違い、ユーザー指定で投げられる矢のことで、Twitterで言えば「ダイレクトメッセージ」ですね。

そのDAは、TwitterのDMとは違い、数が制限されている。その上シェアアローを放つ際は、このDAを5回分、消費するというわけです。

DAを消費してまでも、いっぱい、誰かに伝えたいんだ! いっぱい返事が欲しいんだ! という際にこのシェアアローで矢を放ちましょう。



ちなみにこのDAの数ですが、様々な条件で増えていきます。

ar_10
今回たまたま、僕の放った矢がキリ番を踏んだようです。

DAを2本いただけました。



数の制限のあるDA値を計算しながら、mixiやFacebookやTwitterで吐けない匿名の愚痴の吐きどころ……というと言葉は悪いですが、一度やってみるとこれが超癒し空間だとわかってもらえると思います。

新規登録もできますし、Facebookアカウントを利用してログインもできます。

Facebookアカウントを使うと言っても、あくまでもログインのみで、Facebookの個人情報は流用されませんのでご安心を。

公式のiPhoneアプリも、Androidアプリも用意されています。

さあ、みなさんもArrowで叫びませんか?

「王様の耳はロバの耳~!!」



Arrow
http://www.arrow-arrow.com/


appstore_icon

google-play




おっと、いけない。忘れてた。

もしかしたらあなたは既に、Arrowのユーザーになれないかもしれません。

ユーザーになれない? どういうこと?

こういうことです。

ar_11
「逆友だち招待機能」wwwwwww

DAを40本消費してまでも、Arrowの登録して欲しくない友だちがいたら、そいつのメールアドレスを登録するとかwwwwww

そう、嫁さんの愚痴、上司の愚痴、そんな矢が、もし万が一、心当たりのあるユーザーに刺さってしまったら……

そんな心配があるユーザーさんが、自分の矢を見せたくない人物を、Arrowに登録することからブロックしてしまおうという機能。

画期的ですね。(笑)



もう、不満は言わない
もう、不満は言わない