NewsACT

あなたの暮らしのためになる(?)漫画原作者・猪原賽が発信する中央線ライフブログ

  • 17:00

甘党で仙台土産ならこれをオススメ。驚きの新食感飴菓子「霜ばしら」

10月になりました。霜ばしらの季節です。

え? 冬にはまだ早い?

通学途中の脇道で、ザックザクと踏みしめた思い出にひたる、あの霜柱じゃないですよ?

仙台のお土産として最適な、飴菓子「霜ばしら」のことです。

044

これ、300年以上の歴史を誇る仙台の御菓子司、九重本舗 玉澤さんの商品で、

10月から4月までの冬期限定生産品なのです。




045
開けるとこんな感じ。

なんかシッカロールの缶みたいですね。理由はあります。

中ぶたを開けると、一面、粉です。

この粉は、らくがん粉。霜ばしらは非常に繊細なお菓子なので、緩衝材としてらくがん粉が充填してあるのです。

その粉を中ぶたで受け、奥に隠れている霜ばしらを取り出すと……




046
ほら! まさにこれ、霜ばしら!


上品な甘さだけでなく、見た目が繊細ですね。

冬期限定生産なのは、この繊細な状態を保つ為です。

霜柱をイメージしたその細工は、口に入れた時、まさに地面のアレを踏んだ時の、あの感覚です。

サクッと割れ、舌の上で解けてゆく。そして、あまーい。

顔もとろけてしまいますよ。いや、ほんと。

え、なに今の? もう1回、もう1個……と止まらない。

この食感は、他のお菓子では味わえない独特なもの。


10月に入り、今季の生産が始まりました。

ぜひ現物を買ったり、仙台に行く人帰る人に買って来てもらって、この不思議な食感を楽しんで欲しい。

霜ばしらを知らない女性に、いったい何なのか伝えないまま、無理矢理口に放り込んでやる遊びも楽しいですよ。

「え、なにこれ……」

と舌のカルチャーショックに、"ジュッ ジュワー"する表情を見るのが楽しい。




九重本舗 玉澤

宮城県仙台市太白区郡山四丁目2番1号

022-246-3211

http://www.tamazawa.jp/main.html


【霜ばしら取り扱い店舗】

宮城ふるさとプラザ

東京都豊島区東池袋1-2-2東池ビル1・2F

03-5956-3511

http://cocomiyagi.jp/

(※宮城県アンテナショップ)




るるぶ仙台 松島 宮城’13 (国内シリーズ)
るるぶ仙台 松島 宮城’13 (国内シリーズ)