NewsACT

なたのらしのめになる(?)「世界の中野」からマンガ原作者・猪原賽が発信する中央線ライフブログ

  • 21:00

絵巻物でこそiPadでその楽しみ方が発揮される?「MAU M&L 博物図譜」と「鳥獣戯画」

学術系の無料iPad・iPhoneアプリの紹介。



ひとつは、武蔵野美術大学美術館・図書館のiPad・iPhone公式アプリ、「MAU M&L 博物図譜」。

002

iPhoneにも対応しているものの、iPadでの閲覧をオススメする。

武蔵野美術大学の美術館・図書館が所有する、数多くの貴重な図版を眺めるには、大きなほうが良いに決まってる。

もちろんiPhoneで手軽に見るのも、アリだ。


このアプリは17~19世紀の解剖図、自然誌、航海記が、Retinaディスプレイにも対応した高精細な図版と解説で収録されていて、資料性が高い。

003

例えばこれは「一般と個別の頭足類図譜」。19世紀のイカ・タコ類の図鑑。

ページ単位で閲覧、細かい部分までピンチして、舐めるように見ることが出来る。


むしろ扱いが大変なホンモノよりも、気軽に楽しめる。資料性はもちろん、眺めてもピンチしても楽しい図譜。

本来は大学の図書館に所蔵されているものなので、一般も子どもも、これはかなり面白いと思う。

しかも無料アプリ

これは手に入れておくべき。



もうひとつは、なかなか触れられない日本の資料「鳥獣戯画」アプリだ。

こちらはiPad専用アプリとなっている。


甲・乙・丙・丁の全4巻のうち、甲・乙の二巻のみだが、

004
005

このようにスワイプして楽しむことが出来る。

もちろん精細な取り込み図版を使っており、ピンチで拡大も出来る。

教科書のカットでしか見たことのないアレが、左右にスワイプすることで、絵巻物としての正しい見方で見ることが出来るのは感動ものだ。


実際の鳥獣戯画の閲覧なんて、とてもカンタンに出来るものではない。

しかも実際閲覧可能としても、絵巻物となると、こっちを開いてあっちを巻いて……扱いが大変である。


006
縮小すれば、こんな具合。(こんなに長かったのだ。)

巻くことなく、スワイプで眺める。これは紙の本でも出来ない閲覧方法。

絵巻物はiPadとの親和性が高いと見た。


こちらのアプリも無料となっている。

鳥獣戯画」。日本最古の漫画とも言われる貴重な資料。

博物図譜」と合わせて、学術アプリを眺める楽しさに気付くはずだ。






MAU M&L 博物図譜

appstore_icon



鳥獣戯画

appstore_icon