NewsACT

あなたの暮らしのためになる(?)漫画原作者・猪原賽が発信する中央線ライフブログ

    • 12:00

    まるで見た目は“いったんもめん”!?川幅日本一の町の驚きご当地グルメ「川幅ラーメン」を食べてみた

    画像5

    先日「鴻巣びっくりひな祭り」で訪れた、埼玉県鴻巣市。
    市内を流れる荒川がその川幅が日本一に認定され、それにあやかったB級グルメ「川幅◎◎」を「こうのす川幅グルメ」と認定、まちおこしの一環として様々な活動をしています。

    その多くは「川幅うどん」なのですが、市内で「川幅ラーメン」を出しているお店があると聞き、行って来ました。
    • 07:00

    迷惑メールをなぜ「スパム」と呼ぶか。その語源となった「SPAM」のモンティ・パイソン缶を手に入れた

    画像6

    迷惑メールを「スパム」と呼ぶ、その語源を知っていますか?

    それは沖縄料理などで使われる缶詰ハム「SPAM」。
    皆さんも御存知であろうあのスパム。こんなデザイン缶の「SPAM」が売っていました。
    • 12:00

    ベトナム屋台の味!「バインミー☆サンドイッチ」のサンドイッチがうまい

    画像5

    高田馬場の裏路地にある「バインミー☆サンドイッチ」。
    こちらはベトナム風のサンドイッチをテイクアウト出来るパン屋さん。

    ベトナム屋台の味といえば、フォーなどの麺類と思いきや、フランスの支配下にあった時代もあり、こうしたフランスパンのサンドイッチもかなりメジャーな食べ物のひとつらしいです。
    • 00:00

    ホッピーのおかわり焼酎(中)がたったの50円!激安立ち飲み「づめかん」の珍メニュー「ブラジャー」が気になる

    画像7

    船橋方面でぶいぶい言わせてチェーン店を増やしている立ち飲み屋「づめかん」に行って来ました。
    今回おじゃましたのはその中でも「都内」にあたる、門前仲町店。

    ここでは、安酒の代名詞「ホッピー」セットが300円。
    おかわり焼酎である「中」がたったの50円だそうです。
    • 00:00

    貝 専門のダイニングバー「しるひ」で絶品貝三昧!そしてシメには……〆鯖サンド(!?)

    画像9

    貝専門のダイニングバーが開店したと友人に聞き、行って参りました。

    オイスターバーではないのでしょうか。
    いえ、もちろん牡蠣もあります。不動のトップの貝と言っていいでしょう。
    しかしココ「しるひ」は、牡蠣だけでなく様々な貝をいただける、見事に貝尽くしのお店なのです。
    • 13:25

    埼玉・吉見町のご当地B級グルメ「あぶら味噌」とはなんぞや

    画像1

    先日、埼玉県鴻巣市の「鴻巣びっくりひな祭り」に出かけた際、メーン会場である市役所前では、市内・近隣の物産展が開催されていました。

    これはお弁当として売られていた、吉見町の「あぶら味噌丼」。
    これもまた、ご当地B級グルメのひとつらしいですが、さて、どんなものでしょう?
    • 15:10

    鼻うがい実践者急増!花粉の季節のたしなみとして「ハナノア」で鼻うがいに挑戦してみた

    画像6

    本格的に花粉の季節となりました。
    くしゃみ鼻水はなづまり。
    重度の花粉症である筆者は、それはもう憂鬱の季節の到来。

    特に鼻の症状に「鼻うがい」が良いとは聞くのですが、痛くてどうしてもうまく行かないんですよね。
    薬屋の季節商品の売り場にこんなものを見つけて、つい買ってみました。
    • 20:00

    自由が丘がオシャレな街だって誰が言った?駅至近、鰻串の「ほさか」周辺は昔ながらの酒場の雰囲気

    画像6

    自由が丘はオシャレな街と聞きますが、本当でしょうか。
    筆者は駅から降りてすぐ、鰻串屋の「ほさか」周辺の街並みしか知らないのですが、少なくともここ辺りは完全にオシャレとは言えないB級臭が漂っています。

    例えば正面口から出てすぐ、「自由が丘デパート」というテナントビルがあるのですが、
    • 21:30

    難読漢字も一発拡大表示!加えて便利な辞書機能もあるアプリ「Zoom On Input」

    画像2

    先日、難解で画数の多い漢字を画面いっぱいに表示させる、その名も「でか文字」なるアプリを紹介しましたが、今回紹介するアプリも同じコンセプトのアプリです。

    しかしこちら「入力文字拡大 -Zoom On Input」は、その機能に加えて便利な機能があるんです。